ダイエット 食事 運動 嘘

ダイエットは食事と運動だけ?他の効果的だという方法は嘘?

ダイエットには食事が最も大事な要素として挙げられますが、その次に取り上げられるのが運動です。

 

又、その他にも多くのダイエット法なるものが存在しますが、本当はどうなのかを、徹底的に調べ、ここに報告します。

 

このページでは、

 

ダイエットを行う上で、何が本当に効果があるのかを知りたい!

 

という方の参考になることを願っています。

ダイエットの本当の話

ダイエットの本当の方法を、ここで説明します。

 

と、その前に人はどうして太るのでしょう?

 

それは、日々の生活で消費するエネルギー、これを基礎代謝といい身体的、精神的に安静な状態で代謝される最小のエネルギー代謝量ですが、それ以上のエネルギーを摂取しているからです。

 

その基礎代謝代謝量を左右するのが、身体の筋肉量でして、歳をとると身体の筋肉が少なくなりますので、基礎代謝が減り、以前と同じ量を食べていてはエネルギーが余ってくるので、必然的に太ってくるのです。

 

ではどうしたら痩せることができるのでしょう。

 

それは、有酸素運動を行うことで、その目的が達成されます。

 

どうゆうことかといいますと、有酸素運動継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続け、20分以上経過した後に、そのエネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させるのですが、その燃焼材料として酸素を必要とするものです。

 

ということは、この有酸素運動を行うことで、ダイエットに繋がるということなのです。

 

そこで、有酸素運動の代表的な物を紹介します。

 

先ず、エアロビクス、それにウォーキングゆっくりした水泳です。

 

どうですか、額にうっすら汗がにじみ出てくるくらいの、軽めの運動ですよね!

 

ここで、無酸素運動についても、紹介しますと、瞬間的強い力が必要な時、人は筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主原料として使います。

 

それは、酸素を必要としないので、短時間しか運動できないですが、筋肉を鍛えることができるというもので、ダイエットに直接結びつくものではありません。

 

ですから、先ほどの有酸素運動も、ちょっと強めに運動すると、この無酸素運動に代わってしまうので、ダイエット効果が見込めなくなってしまうということです。

 

20分ルール

まず有酸素運動を始めてから20分までの間何が起こっているかといいますと、それは主に血中の脂肪を分解してエネルギーとしています。

 

ですから、健康維持の為に血液をサラサラにする効果はありますが、ダイエットには結びつきませんので、ダイエットのためでしたなら、20以上の有酸素運動を行う必要があるのです。

 

では、20分以上行うとどうなるかといいますと、脂肪細胞に蓄えられた脂肪が、脂肪分解酵素リパーゼによって分解され初めます。

 

そしてそれが燃焼に利用されのですが、そのリパーゼの動きを助けるのが、体温の上昇でして、通常1〜2℃程度上がった状態がベストとされています。

 

ただ、その体温も、それ以下でも、それ以上では、逆にリパーゼの働きを鈍らせることになりますので、先紹介したようなゆっくとした運動がベストということになるのです。

 

以上続けることで脂肪燃焼が効果的に起こりますが、ちょっとここで気が付いた方もいらっしゃるかと思います。

 

それは、意識して有酸素運動を行わなくても、家の中の掃除やあとかたずけを、普段よりも急ぎながら行うだけでも額が少し汗ばむことがありますよね!

 

そうです、それが有酸素運動でもあるわけでして、そのまま20分以上続けるだけでいいんです。

 

ただ、多くの方は、それすら面倒でして、サプリなどでダイエット出来るものなどがないかと探し求める方が後を絶ちません。

 

もちろんあなたは違いますよね!だってこの記事をここまでお読みいただいてる訳ですから。

 

そして、何とか今までの自分から脱却して、本来の自分を取り戻したいと思っている事でしょう。

 

結論

「ダイエットは食事と運動だけ?他の効果的だという方法は嘘?」というタイトルでここまで書いてきましたが、結論は食事の量であったり、有酸素運動であったりするのです。

 

そこであなたは、これから有酸素運動を意識して続けるようにしよう!と思われたことでしょう。

 

しかし、もしもそのことがストレスになるようでしたら、逆効果になることもあります。

 

それは、ストレスが筋肉細胞を減らすことが解っていますので、基礎代謝が落ちてしまうのです。

 

ということは、今以上に食べる量は減らさないといけませんし、より長時間の有酸素運動が必要となるわけです。

 

なんだか嫌になりますよね!

 

やっぱりジムに通った方がいいのかな?

 

サプリがいいのかな?

 

などと考えてしまいますよね!

 

でも、ジム通いは、辞めたとたんに太りだしますし、サプリだって食が細くなる年齢まで飲み続けなければなりませんので、その副作用が心配です。

 

じゃあどうしたらいいのか!

 

結論は、脳内革命です。

 

これは、だいぶ昔に流行った言葉ですが、意識しなくても自然に有酸素運動をしている、脳の変革をするのです。

 

良く、自分を変えるなんて言いますが、無理して変えるのではなく、自然に変わっていくようにするのです。

 

ではどうやってやるのかといいますと、ここにその分野の専門家がいます。

 

名前を、清水一宏さんといいます。

 

この方はダイエットプランナーでして、「心体一対痩身法」というプログラムで、6年間で2,200名の方をダイエット成功に導き続けています。

 

清水さんは、世にはびこるダイエットの嘘を公にさらけ出した、ただ一人でして、決してマスコミに呼ばれることのない方です。

 

だって、ダイエット、健康食品の市場規模は日本だけで一年で1兆7700億円もありますから、ここに群がる企業もたくさんあるわけでして、それらの広告収入で成り立っているマスコミなどに呼ばれるなど、あるはずがありません。

 

そんな、清水さんのオフィシャルサイトで、ダイエットにまつわる世の嘘と、、心体一対痩身法についての詳しい情報に触れることが出来ます。

 

そこには、驚きの事実が書かれていますので、是非ご覧になられてみてください。

 

心体一対痩身法:改訂版